店主より


夢みる着物と日本髪

someno_photo1ぽわるへのご訪問ありがとうございます  店主の染乃と申します
わたしにとって着物は、観世流の謡いをたしなむ祖母の影響で幼少より身近にあり、ずっと空気のような存在でした
しかしある日突然、自ら着物に強烈な興味を示したのは、友人から見せられたアンティーク着物の本がきっかけでした
そこには今までに見たことのない、戦前の職人さんの魂そのものともいえる、色彩豊かな匠の世界が広がっていて・・・
「美しい・・!」
純粋に感激しました

「本物」がこんなにも人の心をつき動かすものとは・・
知らなければ幸せだった(かも知れない?)世界に人生30年目にして突入してしまいました
それからはもう、いてもたってもいられず、都内のアンティーク着物店をまわり、何かにとり憑かれたように沢山の着物や帯を手に入れました
こうしてアンティーク着物ユーザーとしての人生が始まりまして、いつのまにかお店を開くほどになってしまったのです

ほどなくして「着物における女性美とは何か?」を追求し始めました
最高の着姿を演出するには何が必要か・・・
モノクロ写真の中で微笑む着物美人
みんな例外なく髪の毛を綺麗に結っている
ここにヒントを得ました
着物女性を美しく演出するのは髪型!
とても素敵な着物をお召しなのに、髪型が決まってなくてとても残念・・と思う方が多いのです
ただお団子に結んだだけ  何かが足りない
あそこをああしたらもっと素敵になるのに
何とかしなくちゃ!・・体の奥から突き上げるような感覚が走りました
そして、どうせやるなら日本の髪型の基礎である「日本髪」を極めよう!・・と猛ダッシュで美容学校へ入学し、同時に京都の師へも入門してしまいました

着物の時は少し頭を大きくつくると全体のバランスが美しく見えます
特に日本髪は日本人の偏平な頭を立体的に美しく見せてくれます
着物に日本髪はまさに「最高」の着姿です
ぽわるでは本式日本髪の復刻活動とともに、着物における真のトータルビューティを目指しています

髪型は魔法
日本髪が結い上がった瞬間、鏡の奥の、見たこともない自分の美しさを発見するお客様
昔の匠のような、人に感動を与えられる「職人」に、わたしもなれますように
優井染乃

 

【店主・近影】

ghostwriter

essaywritingservicerapid.com/